塗料に関するエビデンス(化学的根拠)

こんにちわ!
東京都羽村市を中心に八王子市、福生市、立川市、昭島市、あきる野市などの西多摩地域で唯一、超耐久4回塗りの屋根塗装、外壁塗装で大切なお家をお守りし、楽しいアートペイントでの一生の思い出作りから壁紙の上から塗装なども行っています!
(株)長谷川塗装工業のかやたいです!

今回は、塗料に関するエビデンス(化学的根拠)について少しお話させて頂きます。

現在、塗料というのはメーカー、種類共に数え切れないほど多いです。
そこで、私がどのように塗料を選んでいるかというと、もちろん主要メーカーがありますのでそちらからの選定にはなるのですが、なぜその塗料選定になるのか…
その理由の1つとして、その塗料がどんな塗料試験を通り合格してきているかを見るところがあります。

こちらは塗膜や塗料の強度を測る際どのような試験を行なって判別するかについてなのですが、塗料というのは販売に至る前に、このような試験を行い、検査に合格することにより販売されます。
この他にも実際に塗ったものを外に置き、実際の気候環境に晒して経過観察を見る曝露試験などもございます。

これらの検査を受けることにより、塗料に対する性能が数値化され、それに基づく化学的根拠となります。

塗料を選ぶ際も、実際にどの基準を満たしている塗料なのかを見て判断する場合も同じような塗料でも、その試験を合格しているか、していないかも、塗料選定には重要な部分となってきます。

塗料メーカーはあくまで塗料を研究・開発をし、生産し販売することまでが役割です。
そこから私達職人が適正に施工することにより、初めて1つの塗料製品として成り立ちます。

ですから、いくら良い塗料でも適正に扱えなければ塗料の試験結果のような性能は発揮することは出来ません。
また、試験を受けていなかったり、基準を満たしていない塗料をいくら適正に施工しても、高い信頼を於ける塗料とはならないのです。

塗装屋であるならば、塗料を信頼出来なければ自分の仕事を投げ出しているようなものです。
種類があり過ぎてよくわからないで済まさず、どんな塗料なら信頼できるか、信頼して頂ける塗料としてご説明しやすいかも考慮した上で、塗料選定を行なっています。

塗料に対する勉強不足・知識不足は、施工トラブルを引き起こしかねません。
イコールそれは塗装職人への信頼性が落ちるというリスクもあります。

信頼を無くしたら仕事の御依頼などされなくなります。
そうなってはいけないので、こうした化学的な目線からも塗料を見るようにしています。

羽村市を中心に、西多摩で唯一の4回塗り外壁塗装、屋根塗装であなたのお家を10年、15年とお守りします!

東京都羽村市を中心に八王子市、福生市、立川市、昭島市、あきる野市などの西多摩地域で唯一 超耐久4回塗りの屋根塗装、外壁塗装で安心の10年サイクルを提供し大切なお家をお守りします!

0コメント

  • 1000 / 1000