4回塗りへのこだわり

なぜ、屋根、外壁を4回塗るのか

このページでは、当社がなぜ4回塗りにこだわるのかをご説明させて頂きます。

まず、弊社での塗装工程を簡単にご説明致しますと

屋根→下塗り2回 上塗り2回 計4回

外壁→下塗り2回 上塗り2回 計4回

このような仕様で塗装工程を行なっております。

この仕様で、外壁塗装、屋根塗装を行うのは羽村市を始め西多摩で唯一弊社のみです。


よく、あちこちで見かけるのが


当社は3回塗りですので安心です!


安心の3回塗りでこの価格でやります!

のような謳い文句を目にすることが多くあるのですが、私自身は3回塗れば安心という所に疑問を感じています。

確かにメーカーのカタログには下塗り1回上塗り2回の工程で塗ってくださいといったことは書かれています。

3回塗りでは絶対にダメ!ということではなく、実際に屋根塗装、外壁塗装をする時の屋根材や外壁材の劣化具合を見て3回塗りだけではダメな場合もあります。

3回塗りではダメだと判断する場合はどのような時か

例え話でいきますと

人の肌も歳を取るごとにハリがなくなり乾燥しやすい肌になりますよね?

逆に赤ちゃんの肌はモッチモチのハリのある肌をしていますよね?

それと同じように屋根材も外壁材も歳を取るごとに劣化していきます。

人の老化が十人十色のように屋根材・外壁材の劣化も十軒十色なんです。

同じ築年数だとしても建っている環境(大通り沿いなのか家の裏が山なのかなど)によっても劣化具合は大きく変わってきます。

他にも使っている屋根材の種類や外壁材の種類によって劣化具合・処置方法は変わってきます。

一番危険なのは、そういった様々な観点からしっかりとした調査・診断をせずに簡単に見積もりをし施工してしまうことです。

私はまず、先ほど書きましたように様々な観点から調査・診断し、そのお家にとって最も最適な処置方法を提案しお客様とプランを組み立てていきます。

そしてなぜ、4回塗りになるのかと言いますと、劣化した屋根・外壁を塗装で綺麗かつ耐久性を復活させるとなった時に、一番大切なのが新しく塗装する為の下地作りなんです。

女性のお化粧やネイルも同じように綺麗で持ちのいいお化粧やネイルを施すにも下地作りや工程は大事ですよね?

それをお家の屋根や外壁に置き換えたときに下地作りが重要になってくるのは当然のことですよね。

ましてや屋根塗装・外壁塗装を場合一生のうちに数える程度しかやらない大きな事ですしお金も掛かります。

その責任とリスクから考えると自分が塗装したものが簡単に剥がれてしまうことはあってはならないことですし、メーカーが製造した塗料は私のような職人がしっかり塗ることで初めて完成体となります。

塗料をしっかり活かすには妥協した塗装では塗料の効果も全然発揮されません。

その為にはまずしっかりとした下地作りが必須になってきます。

一例として屋根の塗装工程を写真を使ってご説明させて頂きます。

こちらが高圧洗浄後、下塗りの前の状態です。

こちらが下塗り1回目の状態です。

塗った箇所が重なった部分と1回塗りの状態で白色の濃さが違うのがわかりますよね?

これは下塗り材が屋根に吸われている証拠でもあります。

下塗り材は屋根材に浸透し弱くなった屋根材を補強し上塗り材との密着をよくする働きがあります。

ですが、10年15年経った屋根の場合ですと、写真のように1回塗っただけではかなり吸い込まれる為この状態だとまだ下塗り材の機能を完全に果たせていません。

この状態で上塗りをしても密着力も上塗り材の効果も十分に発揮されない為、塗料本来の効果、耐用年数を守ることができません。

ですので下塗り材の吸い込みが完全になくなるまで下塗りをします。

こちらが下塗りを2回塗った後の写真です。

吸い込みが止まりしっかり白くなったのがお分かりになると思います。

この状態になって初めて上塗りを塗ることが出来ます。

4回塗りと申しましたが下地状態によっては下塗りを3回塗る場合もございます。

この時点ですでに2回塗りとなります。

ここからメーカー指定の通り上塗りを2回塗ることで屋根塗料の完成体となります。

この時の施工の様子は下の記事に詳しく載っていますので、そちらも是非参考にしてみてください。

こちらが上塗り2回終えた屋根塗装施工完了の写真です。

下塗り2回上塗り2回合計4回塗りの施工事例です。

ただ4回塗るというわけではなく、塗料の性能を最大限発揮させるとなると自然とこのような工程数になります。

簡単に思われがちですが、ただ塗るだけではなんの意味もありません。

しっかりした塗装を行わなければ、逆に塗ったことで雨漏りの原因に繋がったり塗装が1年も持たず剥がれたりといったトラブルに繋がり更に余計な費用が掛かることに繋がるので私は徹底した4回塗り塗装にこだわっています。