工程順序の意外な落とし穴?

お疲れ様です!
東京都羽村市を中心に八王子市、福生市、立川市、昭島市、あきる野市などの西多摩地域で唯一、超耐久4回塗りの屋根塗装、外壁塗装で安心出来る住まい作りを基本に、楽しいアートペイントでの一生の思い出作りから壁紙(クロス)の上からの塗装なども行っています!
(株)長谷川塗装工業のかやたいです!
外壁塗装工事を行う際、お見積もりの段階で見抜ける意外な落とし穴があることをご存知ですか?

大半の塗装工事の工程手順としては

足場組み立て→高圧洗浄→養生→塗装工事

という順番で流れていくと思います。

ですが、ここで意外な落とし穴があることをあなたは見抜くことが出来ますか?


ここで、勘が働いた方は鋭いです✨

足場組み立て→高圧洗浄

ここです!


塗装時期を迎えた建物というのは、大半が外壁の状態が弱っていることが多く、水の影響を受けやすい状態になっていることが多いです。

例えば
このようにクラックと呼ばれるヒビ割れが、多数ある場合や、深いクラックが生じていたり
このようにシーリング材が劣化し、ヒビ割れを起こしている場合が多いはずです。

水の侵入を防ぐ為に、塗装工事を行うのに、この状態の壁に高圧洗浄を先に行うというのはおかしな話ですよね?


お見積もり段階あるいは、現地調査の段階で、業者に既存の状態を見てもらった上で、どのような順番で作業工程が進むのか確認を取るだけで、良い業者かどうかを判別出来る意外と効き目のある手法なので、是非ご活用頂ければと思います✨


弊社の場合は、高圧洗浄の前に下地処理及びシーリング打ち替え工事が必要と判断した場合、クラック処理やシーリング打ち替えを行なった後で高圧洗浄を行ないます。


工事契約をする前に、どのような手順で工事を進める会社なのか確認してみてくださいね☺️✨

羽村市を中心に、西多摩で唯一の4回塗り外壁塗装、屋根塗装を行う職人直営の塗装会社

東京都羽村市を中心に八王子市、福生市、立川市、昭島市、あきる野市などの西多摩地域で唯一 超耐久4回塗りの屋根塗装、外壁塗装で安心の10年サイクルを提供し大切なお家をお守りします!

0コメント

  • 1000 / 1000