外壁塗装工事における鋭い目線?

お疲れ様です!
東京都羽村市を中心に八王子市、福生市、立川市、昭島市、あきる野市などの西多摩地域で唯一、超耐久4回塗りの屋根塗装、外壁塗装で安心出来る住まい作りを基本に、楽しいアートペイントでの一生の思い出作りから壁紙(クロス)の上からの塗装なども行っています!
(株)長谷川塗装工業のかやたいです!
最近は風が強い日も多く、いよいよ本格的に冬の到来かなと感じる時期になってきましたね!
朝晩の冷え込みと日中の温度差、朝方の夜露も目立つようになり、塗装作業の時間が限られやすくなってきたなぁと感じ始めました。
(乾燥時間や硬化不良、艶引けのリスクが上がる季節)

今回は、塗装工事を依頼した際に、契約前、契約後に、ここのポイントだけでも抑えておくと粗悪な施工を回避出来るポイントを教えます✨

まず契約前に、安心したい場合は

・その会社が施工したお家の5年後の状態を見せてもらえないか聞いてみる

大体塗装工事完了から2〜3年はある程度施工当時の綺麗な状態を保ちやすいので、完了かれ2〜3年程度の施工現場を見せてくれる会社は多いです。
ですが、5年以降の現場を見せてくれる会社はほとんどありません。
見せてくれないのではなく、見せれない場合が多いという罠が潜んでいる可能性が高いので、契約前に5年以上経った施工現場を、見せてもらえないか聞いてみてください。

・その会社が現在施工している現場を見せてもらえないか聞いてみる

もし、見せてもらえる場合は、職人の身だしなみ、挨拶等の礼儀がしっかりしているかどうか、ネタ場と呼ばれる塗料などを置いてある場所が整理整頓されているかなどの基本的なマナーや物の扱い方などをチェックしてみてください。

・2液の塗料を使用する場合、秤を使っているかどうか聞いてみる。あるいは現場を見せてもらって現場で使用しているか確認する

見積もり段階や契約前に『2液の塗料に関して、秤を使っていますか?』と聞いてみてください。
もし仮に、使っていると答えた時に怪しいなと感じたら、現場を実際に見に行き、秤が置いてあるかどうか確認してみてください。
2液塗料は、混ぜる割合が各メーカー、各塗料毎に、何対何と混ぜる比率が決まっております。
それを守らないということは、塗料の性能を充分に発揮できず、せっかく新品でお客様のお金で買った塗料も、塗膜として機能しなくなります。
秤を使わず2液の塗料を使うような業者には、絶対に塗装工事をさせない方が、家の為でもありお客様が後悔しない為でもあります。

・いざ契約→工事開始してからは、その日の作業状況、使っている塗料を適切に使用できているかなどを最低でも1週間に1回程度、出来るのであれば、ご自身の目で毎日確認してください。
秤を使っているかどうか、塗料を混ぜ合わせる為に木の棒などを使い、手で混ぜていないか、攪拌機と呼ばれる専用の機械でしっかり塗料を混ぜ合わせているかなど、無言でチェック出来るポイントは沢山あります。

他にも色々ありますが、ブログではこの辺にしておきます。
気になる方がいらっしゃいましたら、お気軽にお声掛け頂きますようよろしくお願い申し上げます😊✨

羽村市を中心に、西多摩で唯一の4回塗り外壁塗装、屋根塗装を行う職人直営の塗装会社

東京都羽村市を中心に八王子市、福生市、立川市、昭島市、あきる野市などの西多摩地域で唯一 超耐久4回塗りの屋根塗装、外壁塗装で安心の10年サイクルを提供し大切なお家をお守りします!

0コメント

  • 1000 / 1000