外壁塗装から屋根塗装作業へ

こんばんわ!
東京都羽村市を中心に八王子市、福生市、立川市、昭島市、あきる野市などの西多摩地域で唯一、超耐久4回塗りの屋根塗装、外壁塗装で大切なお家をお守りし、楽しいアートペイントでの一生の思い出作りから壁紙の上から塗装なども行っています!
(株)長谷川塗装工業のかやたいです!

先日足場を解体してから塗装する場所を除き外壁の塗装が完了しましたので昨日から屋根塗装作業に取り掛かっております。
外壁の全貌は完了時までのお楽しみです✨
瓦棒屋根(トタン屋根)部分は機械を使ってケレン作業を行い、細かい所はマジックロンと呼ばれるタワシのようなものでケレンしました。
ケレン作業の必要性としてましては、塗膜が剥がれていたり、チョーキング(手で触って色がつく状態)を起こしているとその上から塗っても密着性が悪く剥がれや膨れなどの施工不良を起こします。
この下地処理をきちんとしっかり行わないとどんな良い塗料を塗っても無駄になってしまいますので、この下地処理は出来る限り徹底的にやります!
今回の屋根は瓦棒屋根とコロニアルのミックスになっております。
コロニアルの方はクラック(ヒビ割れ)、欠損箇所の補修に今回より、屋根の縁切りの際に使うタスペーサーというものを販売しております、株式会社セイムさんのタスマジックという補修材を使用しました!
こちらのタスマジックはクラック補修はもちろん欠損してなくなった箇所も復元可能という優れものなんです✨
しかも硬化後は元の屋根材の2倍の強度となり耐久性も抜群に上がるという補修材なんです!
バック式で持ち運びもしやすく、使うものは全て分かりやすく分けてありますのでかなり使いやすいです!
クラック箇所には専用のエポキシの液体を流し込み硬化するまで待ちます。
このような欠損箇所も
硅砂を混ぜて型どって固めれば、超強力に復元可能です!
コロニアル、瓦棒屋根の下地処理が完了してようやく塗装できますので明日から屋根塗装を進めていきます!

羽村市を中心に、西多摩で唯一の4回塗り外壁塗装、屋根塗装を行う職人直営の塗装会社

東京都羽村市を中心に八王子市、福生市、立川市、昭島市、あきる野市などの西多摩地域で唯一 超耐久4回塗りの屋根塗装、外壁塗装で安心の10年サイクルを提供し大切なお家をお守りします!

0コメント

  • 1000 / 1000