塗装出来ない屋根材。

お疲れ様です!
東京都羽村市を中心に八王子市、福生市、立川市、昭島市、あきる野市などの西多摩地域で唯一、超耐久4回塗りの屋根塗装、外壁塗装で安心出来る住まい作りを基本に、楽しいアートペイントでの一生の思い出作りから壁紙(クロス)の上からの塗装なども行っています!
(株)長谷川塗装工業のかやたいです!

本日は、新規お問い合わせを頂いたお客様の屋根、外壁の現地調査を行いました。

現在、塗装が出来ない屋根材がいくつかあります。
その中でも最も有名な屋根材と対面することとなりました。
アスベストが問題となり、アスベストを含まないノンアスベストの屋根材として1995年から2006年頃にかけ発売され、広く普及したニチハのパミールという屋根材です。

こちらの屋根材は、屋根材がミルフィーユ状に剥がれ、剥離していくので、塗装では保護することが出来ません。
築17年でこのような状態になってしまいます。

屋根の状況はお客様も充分に理解しており、悔しそうな表情で屋根のことをお話しして頂いた姿が印象的でした。

現在は、販売中止、メーカー保証なしなので、葺き替えもお客様負担となってしまう1番タチの悪い屋根材です。

ですが、本日お客様とお話し、お客様の想い、悔しさを笑顔に変えるのが私の使命だと感じたので、お客様が笑顔になって喜んで頂けるよう最大限の施工プランを考え、お見積もりを提出させて頂きます。

想像もしなかった結果に、肩を下ろすお客様に、職人が直接施工するからこその最大の強み、魅力を感じてもらえるように精一杯頑張ろうと、心に火がついた1日でした✨

お客様が笑顔になって頂けるように最大限頑張ります!


羽村市を中心に、西多摩で唯一の4回塗り外壁塗装、屋根塗装を行う職人直営の塗装会社

東京都羽村市を中心に八王子市、福生市、立川市、昭島市、あきる野市などの西多摩地域で唯一 超耐久4回塗りの屋根塗装、外壁塗装で安心の10年サイクルを提供し大切なお家をお守りします!

0コメント

  • 1000 / 1000