撥水・親水・疎水の効果の違い

塗装において、既存の外壁の素材《下地》にどのような効果を持たせるのかによって選定する塗料も変わって来ます。
このページでは撥水・疎水・親水の違いについて知って頂き、今後の塗り替え工事などの参考にして頂ければと思っています。ではご説明させて頂きます!


1 撥水


2 親水


3 疎水

1 撥水

撥水性とは字のごとく、水をはじく性質のことです。撥水性のコーティングが施された外壁に水がつくと、コロコロとした水玉ができます。この水玉の形状によって、撥水や親水という分類がされているのです。
水を弾いているというのが見た目で分かりやすく、気持ちがいいというのが大きな利点です。

写真のように水玉が出来るのが撥水効果です。

2 親水

学問的な疎水性の意味は、水となじみにくいという意味です。水と油が混ざり合わないのと同じようなイメージです。
厳密には、撥水性は疎水性の中に含まれます。
外壁塗装において親水性塗料の効果としては、雨水と一緒に外壁の汚れを落としてくれるといった効果を持つ塗料のことを指します。
撥水性とは違い、写真のように大きな平たい水の塊となって流れ落ちていきます。

3 疎水

疎水性とは撥水性の効果に似ていますが少し違うのが、小雨程度なら普通に水を弾きますが大雨などの際は、親水性のように広く薄く水が広がった状態で流れていきます。

もっと詳しく説明すると、非極性分子や溶媒など科学的な話になってくるのでやめときますが、簡単に説明させて頂くとこのような感じです。